2009年05月03日

城崎にて-1(09.04.06撮影)城崎温泉

昨日4月3日の桜です。

かなり咲いてきてますね。

満開に近いですが、まだ開いていない蕾もちらほらと。

今週末は残念な事に、気温が下がりあまり天気も良くないようなので、最高のお花見日和とはいきませんが 当然 横浜から) 京都から レンタカーを借りて 城崎温泉を目指します。

約3時間で 兵庫県の城崎温泉に到着です。

志賀直哉の「城崎にて」で有名な温泉ですね。

いかにも 昔ながらの温泉街という風情です。

7つの外湯めぐりもあります。

一の湯です。

だから昨年7月から京都へ修復に出ていました温泉寺の四天王 『 持国天 』『 増長天 』が本日城崎へ帰ってきました。

四天王は平安中期〜後期の作とされていますが、 年月を経ているだけに傷みや虫害、欠損などが生じていました。

大阪なら「四日市」経由、「塩浜」経由、「ボークス」経由、「海遊館」経由、城崎温泉行き。

確実に2日は潰れますが、これはこれで楽しみですね〜。

ということで、モジュールを急がないといけませんが、1日に出来る作業量なんて、そう変わりません。

城崎温泉だと言っていた。また 万治年間(1660)城崎温泉寺の福聖院本堂を移したものである。

単層宝形造り。

3間4方。

建坪24坪。

仁王門は享保7年(1722)祐詠法印代に建立、木造単層入母屋造り、茅葺建8坪。

仁王像2体は鎌倉時代の作、木造高さ240cm。

posted by プライム プログレスジェル at 00:17| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。