2009年09月27日

保険の宣伝には気をつけよう!

以前、損保会社は傷害保険しか販売できませんでしたが、現在は生命保険も取り扱えるようになりました。 簡単に説明すると、医療保険は病気とケガの両方を保障してくれますが、傷害保険はケガのみで、病気の入院の場合は保障がないと考えてよいでしょう。 つまり、傷害保険は将来の病気を心配して入る医療保険とは別であると理解しなくてはいけません。 保険の選び方で大切なのは、中身を入念にチェックし理解してから加入することです。 病気に罹ったときの備えとして医療保険に入る、もしかしたら将来がんに罹ってしまうかもしれないからがん保険に入る、自分の求める保障がついた傷害保険に入る、と自分に合ったものに加入してください。 そのため、従来の傷害保険と新しい生命保険が混在して販売されています。 会社によってはs25ieという傷害保険をまるで医療保険であるかのように宣伝してトラブルの素になっているケースもあるようです。 保険は毎月支払っていくものですから、トータルすると大きな買い物であることを認識して、勧められるまま契約する前に、今一度内容を確認しましょう。
posted by プライム プログレスジェル at 16:26 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/128974825

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。